一戸建てとマンションの税金と共有設備の面の比較

subpage01

建物や土地の所有者は、毎年地方税として固定資産税を徴収されます。



一般的な解釈としては、木造住宅の一戸建てよりも鉄筋コンクリート造のマンションの方が、耐用年数が長いと考えられいることから、マンションに設定されている減価償却期間は47年で、一戸建てに設定される期間は22年となっています。
耐用年数が長く設定されているということは、固定資産税を支払う必要のある期間も長いと解釈できます。

新宿でしみ治療の情報サイトが便利です。

それに加えて、マンションの場合には土地の持分が少なくなるために、マンションのほうが評価額を考えたときに建物の占める割合が高くなります。

浜松 リノベーションを利用してみる価値はありますよ。

一戸建て住宅では建物そのものの価値は22年でほとんどなくなりますので、土地だけに課税が行われますが、マンションの47年間にわたって徴収される固定資産税は、ほぼ建物に対して払い続ける必要があるものと言えます。

銀座永久脱毛の口コミ情報探しにちょうど良い情報をご用意いたしました。

東京都における5000万円規模の新築一戸建て住宅と、新築マンションを購入した際の30年間における都市計画税と固定資産税を比べたときには、一戸建てが250万円ほどの支払いに対して、マンションは450万円ほど支払うことになります。

会議室 研修に関連した情報が掲載されています。

共有設備に関してみたときには、敷地内に設置されているごみ収集所であれば24時間いつでもゴミ出しが可能で、清潔に保たれている点を考えてマンションの方が利便性が高いと言えます。

http://okwave.jp/qa/q6555760.html

マンションでは定期的に消火器や火災探知機の確認が行われているために、安全性の面で確保されていると判断できます。

https://allabout.co.jp/gm/ranking/1934/2/

両者のメリットやデメリットを十分に判断した上で、どちらの新築物件を購入したほうが良いか決めることが理想的と言えるでしょう。

http://www.nikkei.com/markets/ir/sys/redirect_ir.aspr?s=ir&f=http://www.nikkei.com/markets/&nik_code=00001801&click=INFOLIST&u=http://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/news/2014/0410/index.html

関連リンク

subpage02














中古一戸建ての魅力について

中古一戸建ては、最近では実に多くの人が購入しています。一戸建て住宅の購入者の中でも実に3割は中古一戸建てを購入しているのです。...

NEXT
subpage03














一戸建てとマンションの税金と共有設備の面の比較

建物や土地の所有者は、毎年地方税として固定資産税を徴収されます。一般的な解釈としては、木造住宅の一戸建てよりも鉄筋コンクリート造のマンションの方が、耐用年数が長いと考えられいることから、マンションに設定されている減価償却期間は47年で、一戸建てに設定される期間は22年となっています。...

NEXT