中古一戸建ての魅力について

subpage01

中古一戸建ては、最近では実に多くの人が購入しています。一戸建て住宅の購入者の中でも実に3割は中古一戸建てを購入しているのです。

では、中古一戸建ての魅力はなんでしょうか。

それは割安感にあります。


割安感を感じる場面のひとつは中古一戸建てを購入してからリフォームをした場合です。
この場合、新築住宅を買うよりも安く購入することができるからです。
築15年から25年ぐらいの建物は、リフォームに適した時期の建物になりますが、建物の質の割には格安で購入することができるわけです。
建物の価値があまりないため、ほとんど土地代だけで購入することができます。別の見方をすると、築20年ぐらいの建物はそれだけ求めている人が少ないと言えます。
それは、20年ぐらい古くなると建物も1世代前の形やデザインになりますし、設備もやはり1世代前の設備になるからです。
また、建物も傷んできているので、大きな地震が来た場合には倒壊する危険があるのではないかと考えてしまいます。


ですが、設備や間取りの古さはリフォームをすることで解消されます。

耐震性については基本的には1981年6月以降に建てられた建物であれば問題ありません。

そうだとすれば外観の古さを少しだけ我慢すれば新品の住宅をかなり安く手に入れることができます。ここまででわかることは知識がないことや中古戸建てに先行するイメージだけで下手をすれば数百万円も損をしていることになります。
中古戸建ては、築20年前後の建物をリフォームしてお得に購入するべきなのです。

今よりも建設 入札の情報を掲載しませんか。

銀座レーザー脱毛の口コミについて知りたいならこちらです。





会議室 東京の情報ならこちらにお任せ下さい。

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/blog/azuma/200903/509860.html

http://next.rikunabi.com/journal/entry/20150819

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13137510558

関連リンク

subpage02














中国人観光客っていつ来るの

観光地で仕事をしているとよく目にするのが話題の中国人観光客です。いわゆる小京都と呼ばれる温泉街の観光地で接客をしているととにかく多いのです。...

NEXT
subpage03














一戸建てとマンションの税金と共有設備の面の比較

建物や土地の所有者は、毎年地方税として固定資産税を徴収されます。一般的な解釈としては、木造住宅の一戸建てよりも鉄筋コンクリート造のマンションの方が、耐用年数が長いと考えられいることから、マンションに設定されている減価償却期間は47年で、一戸建てに設定される期間は22年となっています。...

NEXT