井戸のポンプ交換にはどのくらいの費用が必要

subpage01

都市部ではあまり見られませんが、田畑が多い地域では現在でも農作物に水をやったり、生活用水や飲料水として利用したりするために、井戸を掘って地下水をポンプで汲み上げて使っているという家庭も数多く見られます。

新宿でしみ治療の詳細はこちらで簡単に調べられます。

このため、地下水を汲み上げているポンプが突然壊れたりすると、農作物に水かけができなかったり、生活用水が使えなくなって洗濯ができなくなったりといったことが起こり、日常生活に多大な不便が生じてしまうので、すぐに業者に依頼してポンプ交換などの対策が必要となります。

建設 情報に関する情報を提供中です。

一般に、井戸のポンプはほぼ1日中稼働してモーターを回しているので、次第にモーターなどの主要なパーツを中心に摩耗や劣化が進行していきます。

会議室 大崎情報サイトを利用しましょう。

このため、家族人数や使用頻度によってまちまちですが、通常は10年以内に部品の消耗や劣化によって故障してしまうことが多いようです。



故障したときには壊れた部品を交換して修理する手段もありますが、経年劣化による故障の場合には修理しても他の箇所が故障するリスクが高いので、今後のことも考えてポンプ交換をすることをお勧めします。



井戸から地下水を汲み上げるポンプは、主に、井戸の水面の高さから地表までの高さが8m以内のときに使用する「浅井戸ポンプ」と、井戸の水面の高さから地表までの高さが8m以上のときに使用する「深井戸ポンプ」の2種類が使用されています。

https://matome.naver.jp/odai/2138395775274760101/2138395897475297903

一般家庭では浅井戸ポンプが使用されていることが多く、こちらのほうが深井戸ポンプよりも少し安価で購入できますが、それでも本体価格(税抜き)は約10万円〜15万円程度のものが主流となっています。

https://i.4meee.com/articles/view/772741

業者にポンプ交換を依頼すると、ポンプの本体価格に加えて工事費と古いポンプの処分費も請求されるので、将来、寿命が来る前にポンプ交換費用として約15万円〜20万円程度は積み立てておくと安心です。

http://okwave.jp/qa/q1326199.html

関連リンク

subpage02














井戸水用ポンプ交換にかかる費用

井戸水をくみ上げて生活している方で、水の勢いが弱くなったり、不安定になってきている場合、その原因はおそらく揚水ポンプの不調によるものと思われます。年中使用されるものなので作りは丈夫に出来ており、そう簡単には壊れないのですが、まれに異物が噛んだりして壊れる事もあります。...

NEXT
subpage03














一戸建て住宅を買う場合に知っておいて損はないこと

多くの人にとって住宅を購入したり建築することは夢です。ですが、実際に住宅を所有する前に想像していたことが、住宅を購入した後とは少し違うことがあり、がっかりすることがあります。...

NEXT